スポンサーリンク

ハロウィンのお菓子って、アメリカではどんな物を食べるの?

この記事は約 6 分で読めます。

ハロウィンのお菓子は本場アメリカにいるので、毎年10月末には何か作ります。子供が小さいころは、よくデコレーション・クッキーを作りました。学校や知り合いの家でのパーティーにはよく手作りを持っていきました。

日本でも個別に家を訪ねてキャンデイーをねだる風習をまねているところもあるようですね。ひょっとして、ホームメードのお菓子も配っているのでしょうか? アメリカでそれをするとちょっとまずいことになります。

 

知らない人の手作りを食べて、体がおかしくなったりしたらすぐに訴訟事に発展しますからね。用意するのはチョコレートを中心にした市販の個別包装をしたキャンディーだけです。

ちなみに、ハロウィンに限らず、アメリカではチョコレート菓子のことを大抵キャンディーと呼びます。私も初めは、キャンディーは飴でしょう、と心の中で反抗していましたが、やっと慣れました。

 

では、私が友人知人のパーティーで提供したことのある手作り洋菓子を中心にこの時期に出てくるデザートにどんなものがあるのか紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クッキー編

ハロウィンで配るお菓子の中でも、アメリカで代表的なものに、キャンディーコーンがあります。黄色とオレンジのとても小さい三角帽子のような形をしています。それを元にショートブレッド・クッキーで、デコレーションしました。

キャンディーコーン・クッキー

同じくショートブレッドを土台にしたもので、チョコレート生地でアイボール・クッキーを作り、フロスティングで白目をカバーし、眼球や血管はジェルを使っています。ハロウィンの怖い雰囲気が出ているかな?

アイボール・チョコレートクッキー

今度はシュガークッキーです。蜘蛛の巣型で作っていますが、ない場合でも、生地を円く切り抜いて、周りをつまんでいけばスパイダー・ウェブになります。後はくもの巣をアイシングで描いて、クモもこんもり載せてやります。

蜘蛛の巣クッキー

バタークッキーでも作りました。頭骸骨にフランケンシュタイン、カボチャにお化けや墓石のクッキー型を使っています。私は基本のフロスティングを作り、それぞれの色に染めていきますが、市販の便利なチューブ入りでもいいですね。

ハロウィン・クッキー

アメリカの擬声語を表した文字の型はコーヒークッキーが土台になっています。ジンジャーブレッド・クッキー生地でもいいと思います。円い食用のシールは、市販のクッキー生地パックに入っていたものを貼り付けました。

墓石クッキー

スポンサーリンク

 

パイ編

アメリカのハロウィンで作るパイと言えば、なんといってもパンプキン・パイです。普通は缶詰のパンプキン・ピューレを使いますが、このパイに関しては、栗かぼちゃの裏ごしをしています。スコッチウィスキーも入った大人のお菓子です。

パンプキン・バタースコッチパイ

同じパンプキンパイは飽きるので、クラストの底にデーツを敷き詰めたパイも作りました。上にかぶせる生地もカボチャや葉っぱの形に切り抜いたものを敷き詰めることで、デザインに工夫を凝らしています。

デーツ・ナッツのパンプキンパイ

また、南瓜のピューレはサツマイモをつぶした物と仕上がりの味が似ているので、代わりにスイートポテトパイもハロウィンの時期に作ることがあります。日本の同じ名前のパイとは少しイメージが違いますけどね。

スイートポテト・パイ

 

ケーキ・タルト編

パンプキントルテをすっぽりラムバタークリームで包みました。日本のフロスティングは生クリームで作ることが多くあっさりしていますが、これはラム酒も入っていて、そんなにバター臭くない仕上がりになっています。

パンプキントルテ・ラムバタークリーム

カボチャのフィリングとチョコレートクリームは相性がいいです。このタルトのレシピは初めから2個分だったので、トッピングの飾りを変えて遊んでみました。クラストはピスタチオ入りなので、いろんな味が楽しめるタルトです。

Chocolate Pumpkin Tart

チョコレート・パンプキンタルト

 

カップケーキ編

アメリカ人はチョコレートが好きです。ハロウィンのカップケーキもチョコ味で作りました。トッピングの蜘蛛の巣に見立てた飾りも、バタークリームではなくホワイトチョコレートを使っています。しっとり仕上がりました。

スパイダーウェブ・カップケーキ

もう1つのスパイダーカップケーキもチョコ仕立てですが、こちらはリコリスのお菓子を使って、クモの足を作っています。本当は黒がよかったんですが、作ろうとしたときにありませんでした。

この足がなかなか落ち着いてくれなくて、あちこち跳ねているのですが、全部並べてみると、結構面白くなりました。目はヒマワリの種をチョコでコーティングしたものを使っています。

スパイダー・カップケーキ

ハロウィンにはいろんなお菓子を焼いているので、もっともっとあるのですが、この辺にしておきます。子どもが小さかったころは、家の窓ガラスや玄関先にデコレーションを施していましたが、老夫婦二人では甲斐がないので止めました。

でも、アメリカでは大人用のパーティーもあって、結構盛り上がります。ご近所の庭にはかなり凝った飾りつけをされるところもあるので、このシーズン、夜にドライブして庭の飾りを見て回るのも楽しいです。

さて、今年は何を作ろうかと、これからレシピ探しをすることにします。

 

関連記事: かぼちゃの種類|アメリカの分類は日本とちょっと違う?!