食品の豆知識があると、買物上手になって料理も楽しくなる♪

食品の豆知識について説明します。別カテゴリーでは、「食材」という形で、
料理の一部になる素材を取り上げていますが、このページでは、単独でも食べ物
として口に入るものに関しての情報をまとめています。

アメリカの食料品店で購入できるものを中心に、どんな材料を使って料理をして
いるのか、レシピによってどのように使い分けをしているのかなどの、食品の
豆知識になります。

中には日本で手に入りにくいものもあるかと思います。また市場にある物でも、
アメリカでは呼び名が違っていたりすることもあるので、知っておくと誤解が
少なくてすみます。

私がアメリカに来て初めのころ、まず驚いたのは、一部の野菜の大きさでした。
茄子にしても胡瓜にしても、そのバカでかいこと! マッシュルームも、ポート
ベロのようなサイズは日本では食べたことがありませんでした。

日本でマッシュルームと呼んでいるものは、アメリカでは日常よく使う特定の
種類のキノコをさすのですが、英語の意味は茸類全体のことを言っているので、
そのあたりも食品の豆知識があると、誤解が生じませんね。

私は辛いものが好きなので、よくチリペッパーも使いますが、これも様々な種類
があります。日本ではシシトウくらいしか食べませんでしたが、こちらでは似た
ものがいろいろあるので、よく調べてから買い物に行かないといけません。

しっかりしたスーパーであれば、必ずその食品のすぐそばに名前が記されている
ので間違うことはないのですが、大雑把な店だと、表示の仕方が曖昧で、自分の
中で食品の豆知識がないと、うっかり激辛を買ってしまって大変なことになります。

果物に関して言えば、ひいき目かもわかりませんが、味は日本に軍配が上がると
思います。でも種類の多さでは、やはり広大な土地を利用して、多様な気候の
下でフルーツを育てられる環境にあるアメリカが、断然優位に立ちます。

ベリーの種類に至っては、その微妙なかけ合わせから、未だに耳にしたことの
ない名前が数多く存在します。毎年夏に各地で行われるファーマーズ・マー
ケットに行くといつも新しい発見がありますから。

各州によって、もちろん収穫できる果物の種類が違ってきますが、特にフルーツ
がたくさん採れるカリフォルニア州では、農家を守るために他州からの持ち込み
を禁止しているので、ドライブで州の境を超えるときに車に積んでいると没収
されます。

法的な食品の豆知識もあると、車中にまだ食べかけのフルーツがあった場合、
ボーダーに着く直前に急いで食べ切ってしまうこともできます。車の中に
プンプン果物の香りがしても、ルール違反にはなりませんからね。

アメリカでは魚よりも肉食が多いことは容易に想像できると思いますが、一体
どんな種類の肉が普通に手に入ると思われますか?

私が日本にいたときに食べたのは、ざっと言って牛、豚、羊、馬、鯨、鶏、鴨、
カタツムリくらいでしたが、こちらに来てからは、すぐに思い浮かぶものだけ
でも、猪、鹿、エルク、バッファロー(バイソン)、ダチョウ、兎、蛙などが
あります。

ウサギさんは、食べたことがなかったので一度だけ試してみましたが、チキン
とほぼ変わらず、以後ペットのイメージから離れがたいので口にしていません。

蛙は自ら好んで食べたくはなかったのですが、結婚当初、義理の母の家で、
缶詰に入った足があり、食べず嫌いはダメだからと言われ、恐る恐る口にしま
した。それっきりです。

魚はもちろん日本の市場の方が種類はたくさんありますが、アメリカでは一匹
丸々、元の姿で売っているところは、特殊なマーケットを除いてはあまりあり
ません。

というのも、こちらで販売している魚類は、やはり大きいものが多いので、
少なくとも3枚におろした後の切り身が大体並んでいます。西海岸に住んで
いると、鮭の種類が豊富で、採れる場所によっていろんな名前がついています。

ただ、魚に関しては、ときどき水銀汚染であるとか、一定の場所から捕獲された
もので一時的に危険なこともあるので、最新の食品ニュースには、常にアンテナ
を張っておく必要があります。

あと、パーティー用の食事や、デコレーションに凝ったデザートなどでは、
よく食用花を使うことがあります。毒キノコほど怖くはないものの、やはり
口の中に入れても安全なものを選ぶ知識が必要です。

自宅の庭で簡単に育てられるものも多いので、食品の豆知識があると、食卓を
豪華に彩ることができますね。

最後に気をつけたいこととしては、お客様をディナーやパーティーに呼ぶとき
には、事前の調査というと大げさですが、ゲストの宗教上の規制も考慮しないと
良いホステスとは言えません。

特定の宗教によっては、牛肉や豚肉、また貝類などを食べることが禁止されて
いるので、前もってその方のバックグラウンドをそれとなく聞いておくといい
ですね。

また、ペットラバーとしては、犬や猫に与えてはいけない食べ物もあるので、
家族の一員として大切に育てるには、細心の注意が必要です。

食品の豆知識があると、料理を通して、健康で楽しい食生活を送ることができる
と思うので、是非ご家庭でも役立ててください。

食品の豆知識

オリーブの実の種類って?収穫時期と処理の仕方で別れる運命

オリーブの実の種類は迷うほどあるので、食べる目的によっていろんな色や味を楽しむことができます。産地の違いはもちろんのこと、収穫の時期や処理の方法を変えることによって、オリーブの実は様々な種類に変容します。主な色分けで特徴を解説していきます。
食品の豆知識

赤い食べ物の名前って?抗酸化物質豊富な食材を探ってみる。

赤い食べ物の名前は、野菜や果物に一番多いと思いますが、肉や魚その他にも当てはまるものはあります。色の濃い食材は、栄養素が高いことが多いので、進んで料理に取り入れたいものです。赤い食べ物の名前を挙げることで、体に良い食料品を再確認しましょう。
食品の豆知識

パスタの種類で珍しいもの。季節の形や自然色を生かした数々

パスタの種類で珍しいものは色々あります。特にアメリカというか海外では品数が豊富。スーパーの店頭に全て並んではいませんが、探していくと、色や形の面から、パスタの種類で珍しい物が数多くあることに驚きます。ごく一部ですが紹介しますね。
食品の豆知識

黒い食べ物って海外では。噂のブラックフードには何がある?

黒い食べ物って、海外でもやはり健康優良食品としてよく使われます。いわゆるブラックフードと言われるものには、米や野菜、果物など単独で使ったり、料理に混ぜて使用する場合も色々。黒い食べ物が海外でどのように食されているのか、例を挙げて解説します。
食品の豆知識

ナッツの種類と特徴。ヘルシーなスナック以外の活用法も色々

ナッツの種類や特徴を、まず分類上注意すべきことを挙げた上で、産地や栄養素に加え、どんな料理に生かせるかといったヒントも添えました。一般的に名前がよく知られているナッツの種類や特徴を、英語名で整理して、保存期間にも触れて解説しています。