スポンサーリンク

マシュマロの使い方ってどんな?お菓子作りだけじゃないよ♪

この記事は約 7 分で読めます。

スモアのマシュマロ

 

マシュマロの使い方は、ベーキングの他にもいろいろあります。サイズや形も豊富で、工夫次第で応用が利くので、お菓子以外の食べ方も考えてみるといいですね。

これまでにマシュマロを使って作った料理や洋菓子を紹介しながら、様々な使い方の例を挙げてみます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マシュマロの使い方:お菓子作り

 

マシュマロの使い方として、アメリカで一番人気があるのは、やはりキャンプに行ったときに、焚火を起こして作る「スモア」ですね。

 

グラハムクラッカー

 

焼きたてのマシュマロを、グラハムクラッカーと板チョコに挟んで、チョコレートを溶かして食べるのですが、チョコレートラバーであれば、チョコ味のグラハムを使えば、もう完璧です。

 

ハーシーズ・ミルクチョコレート

 

店に行けば、“s’more”専用の長いフォークのようなものも売っていますが、せっかく自然の中でキャンプをするわけなので、その辺に転がっている細長い枝を探してきて、マシュマロを突き刺すのが、風情があっていいです。

 

スモア・マシュマロ

 

このスモアの語源が、(I want)”some more”(もっとちょうだい)が縮まってできた言葉であることは、随分後になってから知りました。スモア用に四角いマシュマロもあります。

最近ですが、電子レンジで作る、スモア・クッカーというのを見つけてきて、親戚の小さい子供が来たときに、家で作らせたら、みんな大はしゃぎでした。

 

スモア・メーカー

 

このスモアに似たバークッキータイプの洋菓子に、「ロッキーロード」があります。オーストラリアから来たお菓子ですが、チョコとマシュマロとナッツを混ぜて焼きます。表面が岩のようにデコボコなので、こんな名前が付いています。

また、バナナをマッシュにしたクッキー生地を焼いた後、ミニチュアサイズのマシュマロを載せて、オーブンの予熱で溶かし、トッピングをかけて作る、「バナナ・バー」を作ったことがあります。

 

バナナ・バー

 

マシュマロの使い方の延長ですが、固形のマシュマロではなく、クリーム状になって瓶入りで売っている、マシュマロクリームというものがあります。

 

マシュマロ・クリーム

 

これを使って、チョコレートクッキーを作りました。そのレシピを作った人は、「癒しのクッキー」と名前をつけられていたのですが、マシュマロのふわふわ感がクッキーに生かされていて、その名の通りだと思いました。

 

チョコレート癒しクッキー

 

 

マシュマロの使い方:食事とドリンク

 

マシュマロの使い方には、食事の一部にする方法もあります。

サンクスギビングやクリスマスディナーなどのとき、家族や招待客に子どもがいる場合には、特に評判のいいキャセロール・ディッシュがあります。

 

サツマイモを煮るかグリルするかして調理し、マッシュポテトを作る要領で、身をすべてつぶします。好みでスパイスやクリーム、チーズなどを混ぜて、上にミニチュア・マシュマロを載せてオーブンで焼き上げます。

 

スイートポテトのキャセロール

 

大人のベジタリアンでも喜んで食べる料理です。でも、私の主人はスイート・ポテトを好まないので、お客さんが来たときだけ使います。

もちろん私は、他の女性同様、「芋、タコ、南瓜」全て好きなので、寒い冬には、一人分だけ薩摩芋を焼いて食べていますが。

 

マシュマロの使い方として、ドリンクに浮かべる方法があります。特にココアと相性がいいですね。

 

マシュマロ ・ココア

 

お菓子や食事の用意をするときに使うマシュマロは、大きいものから小さいものまでありますが、飲み物に浮かせるときは、極小の物もあります。

 

ミニチュア・マシュマロ

 

これを散らして飲むと、口の中ですぐに溶けていきます。

スポンサーリンク

 

 

マシュマロの使い方:保存と応用

 

マシュマロは、大体一定の大きさの袋に入って売っていて、一旦封を開けると、乾燥が進み、あのフワフワ感がなくなっていきます。

この少し古くなったマシュマロを生き返らせるためには、まず、タッパウェアのような密封容器に移し、サンドイッチサイズの食パンを上に置いて蓋をし、24時間置くのです。

 

すると、硬くなりかけたマシュマロが、また軟らかくなってくれます。入れたパンは、「ご苦労様でした。」と言って、捨てましょう。

大きいマシュマロの使い方について触れておきます。先ほど、ドリンクに入れるマシュマロには極小のものがあると言いました。普通に小さいもので十分なのですが、大きいものしかない場合の方法を書いておきます。

 

マシュマロは、ご存知のようにねばねばしているので、ハサミを入れるとなると、くっついて切りにくいです。ですので、使用前には、はさみにオイルスプレーを振っておきます。

滑りやすくなったはさみで大きいマシュマロを切り、ココアのカップに落としていくと、同じようにマシュマロココアが楽しめます。

 

あと、食べることが目的ではなく、文字通り、「穴埋め」として使う方法もあります。

家でアイスクリームコーンを作るときですが、底が平たいものではなく、巻いたようになっていて、底が尖っているものは、ほんの少し穴が開いていますよね。

アイスクリームコーン

 

そのままアイスクリームをすくって入れたのでは、下からすぐに漏れてきます。そこで、まず小さいマシュマロを底に押し込んでから、アイスクリームをすくうと、クリームが溶けて滴り落ちることが防げます。

 

 

以上、マシュマロのいろんな使い方を挙げてみました。健康面ではどの程度影響があるのかわかりませんが、便秘に効果的という人もいます。

子どもがいなくなると、わざわざ使う機会が少なくなってしまいましたが、もしお通じにもいいのなら、また使ってみようかなと思います。

 

関連記事: アメリカのお菓子の種類。これ抜きでは語れない伝統物を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
料理のコツ
cooksophieをフォローする
~クックソフィ~ 料理のまとめ「世界編」アメリカ西海岸発