スポンサーリンク

バーコードの種類と見分け方。形式がわかると製造国が判明!

この記事は約 11 分で読めます。

UPCコード対JANコード

バーコードの種類と、その見分け方、わかります?

黒い線が縦に並んでいるけど、どうも太さや空きスペースの間隔が違うようだし。

 

普通はあまり気にしないですよね。でも、特に口に入れるものに関して、どの国から来たものかを知るだけでも、賢い消費者としての心構えができると思うんです。

そこで、一般的にバーコードと呼ばれているものにはどんな種類があるのか、またその形式はどうなっているのか、といった見分け方を調べることにしました。

 

(このページでは、一般の消費者が小売店で手にする商品についているバーコードに限って説明します。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バーコードの形式

バーコードというのは、通称というか、漠然とした呼び方なのですが、世界各国の商品に付けられたコード規格のことを総称して、WPC (World Product Code)と呼びます。

その中でも大きいブロックに分かれていて、主に以下の3つに分類できます。

UPC (Universal Product Code) ―――アメリカで使用されている商品コード

EAN (European Article Number)―――ヨーロッパで使用されている商品コード

JAN (Japanese Article Number)―――日本で使用されている商品コード

バーコードは基本、黒の縦棒(バー)と白の空間(スペース)を組み合わせてできているのですが、これだけだと機械が一度で読み取れないこともあります。

特に、商品が箱入りではなく、軟らかいポリ袋に入っていたり、バーコードで覆っている部分が平坦でないと、何度もバーコードリーダーに通さないと反応してくれません。

 

スーパーで働くレジ係の方が困る瞬間です。そのため、バーの下に人間の目でも読み取れる数字が付いています。これらを手打ちすることで、商品データを読み取ることができます。

では、それらの数字にはどんな意味があるのか見ていきましょう。

 

バーコードの見分け方

3種類のバーコードは、互換性があるのですが、数字の表示には、13桁(または12桁)と8桁の種類があるので、やや複雑です。

 

世界標準は13桁で、商品が小さく表示スペースが限られているものには、短縮型の8桁が使われます。アメリカのUPCは12桁表示になっています。

(重さや長さ、速さの単位もそうですが、どうしてアメリカだけ、我が道を行くのでしょうね?!)

 

・13桁の場合

12--34567--89012--3

国----企業-----商品----チェックディジット

 

「商品コード」には、アイテムの名前や価格、色や大きさ、味に香り、個数や包装形態など細かなデータが含まれます。

「チェックディジット」というのは、バーコードをより正確に読み取るための保障番号のようなものです。

 

少し、実際の商品についているバーコードの例を挙げてみましょう。

EANコードの例:

(イギリス) 5013111001670--伝統の英国紅茶缶です。

英国紅茶

(イスラエル)7290012934728--死海に旅した人からもらった泥パックです。

イスラエルの泥パック

(インド)  8908000315631--私の一押しチャイジンジャーティーです。

生姜チャイティー

(台湾)   4711162988926--やや甘めのヘーゼルナッツミルクティーです。

ヘーゼルナッツ・ミルクティー

JANコードの例:

日本の国コードは当初「49」のみでしたが、後から「45」が加わりました。

4515996912979--カルディのジンジャーシロップです。

日本の生姜シロップ

UPCコードの例:

014113911955--ピスタチオナッツ

ピスタチオナッツ

091037020482--ピーナッツバター

ピーナッツバター

その他、家にあるアメリカ製品のの01番から09番までの品物を並べてみました。

UPCコード

 

・8桁の場合

12--3456--7--8

国---企業---商品--チェックディジット

最近は技術が進んで、極小表示も可能になっているので、短縮型は少ないです。

8桁コード

スポンサーリンク

国別バーコードの種類

バーコードで商品を判別するようになってから、この世界共通の商品コードシステムに加盟する国の数が増えて、現在では、国コードが2桁から3桁に広がっています。

ウィキペディアの「EANコード」で検索すると、番号順に、どの国のものかがわかるように一覧表が出てきます。

 

ただし、この国コードが表しているのは、製造元、もしくは販売元、あるいは輸入元がどの国であるかを記すものなので、原産国がどこかという意味ではありません。

番号の若い順に並べたものは、他のサイトで表示されているので、このページでは、地域別に主な国コードを並べ替えてみました。

 

私が小学校に習った頃にはなかった国の名前がたくさんあって、ちょっと地理の勉強もできました。

ただし、ヨーロッパとアジアやアフリカの境界線は難しいので、地域区分の仕方は他にもあると思いますが、ここではあまりこだわらないことにします。

 

<アジア>  
   
アゼルバイジャン 476
アラブ首長国連邦 629
アルメニア 485
イスラエル 729
イラン 626
インド 890
インドネシア 899
ウズベキスタン 478
カザフスタン 487
カンボジア 884
キプロス 529
キルギス 470
クウェート 627
サウジアラビア 628
ジョージア(グルジア) 486
シリア 621
シンガポール 888
スリランカ 479
タイ 885
大韓民国 880
台湾 471
タジキスタン 488
中華人民共和国 69-
朝鮮民主主義人民共和国 867
トルコ 869
日本 45-、49-
バーレーン 608
パキスタン 896
フィリピン 480
ベトナム 893
香港 489
マカオ 958
マレーシア 955
モンゴル 865
ヨルダン 625
レバノン 528
   
<アフリカ>  
   
アルジェリア 613
エジプト 622
ガーナ 603
ケニア 616
コートジボワール 618
セネガル 604
チュニジア 619
南アフリカ共和国 600~601
モーリシャス 609
モロッコ 611
リビア 624
   
<ヨーロッパ>  
   
アイスランド 569
アイルランド 539
アルバニア 530
イギリス 50-
イタリア 80-、83-
ウクライナ 482
エストニア 474
オーストリア 90-、91-
オランダ 87-
ギリシャ 520
北マケドニア 531
クロアチア 385
スイス&リヒテンシュタイン 76-
スウェーデン 73-
スペイン 84-
スロバキア 858
スロベニア 383
セルビア 860
チェコ 859
デンマーク 57-
ドイツ 40-、44-
ノルウェー 70-
ハンガリー 599
フィンランド 64-
フランス 30-、37-
ブルガリア 380
ベラルーシ 481
ベルギー&ルクセンブルク 54-
ポーランド 590
ボスニア・ヘルツェゴビナ 387
ポルトガル 560
マルタ 535
モルドバ 484
モンテネグロ 389
ラトビア 475
リトアニア 477
ルーマニア 594
ロシア 46-
   
<北米>  
   
アメリカ合衆国 00-、09-
エルサルバドル 741
カナダ 754~755
キューバ 850
グアテマラ 740
コスタリカ 744
ドミニカ共和国 746
ニカラグア 743
パナマ 745
ホンジュラス 742
メキシコ 750
   
<南米>  
   
アルゼンチン 779
ウルグアイ 773
エクアドル 786
コロンビア 770
チリ 780
パラグアイ 784
ブラジル 789~790
ベネズエラ 759
ペルー 775
ボリビア 777
   
<オセアニア>  
   
オーストラリア 93-
ニュージーランド 94-

今回は、主に食料品や雑貨についている、ごく一般的なバーコードの種類と見分け方について簡単に説明しましたが、参考になったでしょうか?

 

特に食べ物になると、完全に日本で作られていることがわかっているものは安心ですが、どの国から来たものなのかわかりにくい場合には、気になりますよね。

そんなとき、少なくとも販売責任者国がわかれば、ちょっとは安心です。英語以外の文字が並んでいるときに、思い出してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
台所の知恵
cooksophieをフォローする
~クックソフィ~ 料理のまとめ「世界編」アメリカ西海岸発