スポンサーリンク

チョコレートのモールドの種類|使いたいものがいっぱい♪

この記事は約 6 分で読めます。

heart cups

チョコレートのモールドってどんなときに使いますか? やっぱり1年の内でバレンタインのシーズンが一番活躍するときかもわかりませんね。

義理チョコでも、一応手作りのものであれば、もらった方は感激するのでは?!

 

アメリカのバレンタインデーは、日本のように女性から男性という図式ではなく、学校であればクラスメート全員にとか、生徒から先生にとか、職場のチーム内でとか、性別に関係なく贈られます。

ですので、私は子どもが小さいときには、クラスの皆に行き渡るだけの数を、チョコレートのモールドを使って作っていました。そして、担任の先生には、特別な形をした少し大きめの物を差し上げました。

 

毎年同じものだとつまらないので、モールドの種類を変えていったので、在庫がどんどん増えました。アメリカではどんな物を使っているのか紹介しますね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チョコレートのモールド:プラスチック編

チョコレートのモールドを使って作るのは、バレンタインデーに限ったことではありません。言うまでもなく、アメリカ人にはチョコレート・ラバーが数多くいるので、年中いろんな機会に作ります。

以下に、カレンダーに沿って挙げていきます。

 

【バレンタイン用】

2月のバレンタインデーには、単独のハートやバラの花などがあります。

hearts & roses

モールドに溶かしチョコレートを流し込んで作るものには、スティックを差し込んで、ロリポップのように仕上げるものもあります。また、ホルダー部分も食べられるように、細長いプリッツェルの周りに流し込むタイプもあります。
hearts on sticks

 

【イースター用】

次に来るのは4月のイースター。卵や兎に人参といった形がメインになります。クッキーであれば、焼いてから上にアイシングでデコレーションをかけますが、チョコレートのモールドの場合は、先に小細工を施します。

Easter eggs & bunnies

もちろん、細かい飾りのデコボコもすべて、1種類のチョコレートで固めてもいいのですが、時間をかける余裕があるときは、いろんな色を絞り出し袋に入れて用意し、先に模様から流し込んでいくと豪華になります。

baskets

また、エッグハントのときに使うバスケットをデザインしたモールドもあるので、かごをチョコレートで作った上に、更に中にも小さい卵型のチョコを入れると、ボリュームたっぷりですね。

 

【独立記念日用】

アメリカでは独立記念日(7月4日)が国のお誕生日なので、要所では花火を打ち上げて派手にお祝いします。やはり中心のテーマは、星条旗に代表されるように、星ですね。

stars

 

【学校関係用】

アメリカの学校は9月に新学期が始まり、少し経つと、日本のような授業参観ではなく、学校を見学し、校長やクラスの担任から、学習内容の説明を受ける「カリキュラムナイト」という日があります。

stationery

こういう日に、先生に、モールドで固めた手作りチョコレートを持っていって、胡麻をするのも一手です。

 

【ハロウィン用】

10月のハロウィンにいろんなタイプのお菓子が登場しますが、チョコレートのモールドもバラエティ豊かです。ここでも細長いプリッツェルを差し込むものもあります。

Halloween on sticks

学校では必ずハロウィンパーティーがあるので、お母さんたちが協力して、イベントを盛り上げます。私も過去にいろいろ作ってきました。

Halloween figures

 

【クリスマス用】

12月に入ると、クリスマスまでの間にあちこちでいろんな催しがあるので、日持ちのするチョコレートをたくさん作っておくと、急な呼び出しがあっても、手土産に困ることなく便利です。

Christmas lights

クリスマスツリーに飾る豆球のモールドを使って、カラフルな溶かしキャンディー用の袋を買ってきて、いろんな色の電飾を作ると、見栄えがいいですね。

 

【その他の行事用】

アメリカではベビーシャワーが盛んに行われます。赤ちゃん関係のチョコレートは、見ているだけで顔がほころんできます。

baby stuff

ウェディング用の特別の物は持っていませんが、バレンタイン用のハート型を活用することができます。また、プレゼントの箱の形をしたモールドもあります。

gift boxes

 

【その他の形】

チョコレートのモールドを使って、市販の物にあるような、食べられるチョコレートカップやスプーンを作ることもできます。

spoons & cups

海のシーンを演出するときには、貝殻のモールドを使って、ダークチョコとホワイトチョコをマーブルのようにして溶かし込むと、雰囲気が出ますよ。
sea shells

 

チョコレートのモールド:シリコン編

プラスチック編では、厚みのあるこんもりした型が多いのですが、シリコン編では、浅いものが多いです。この方が取り外しやすいですね。

私はこのハート型のチョコレートのモールドを使って、ウェディングのテーマカラーで作り、ギフトバッグに入れ、クッキーと合わせて、結婚式参列者へのお土産の一部にしました。

silicon hearts

お誕生日や何かの記念日には、ケーキの上にフロスティングで文字を描く以外にも、アルファベットのチョコレートのモールドがあれば、いろんな文や、その人の名前を作って飾ることもできます。

silicon alphabets

チョコレートのモールドをたくさん持っていると、その時と場合に合わせて、バラエティー豊かな作品を作れるので、とても楽しくなります♪

 

関連記事: お菓子のモールドいろいろ。あればあるだけ便利な形を紹介♪